レーザ

レーザ加工の応用
  • 工具製造と再研
  • ワンチャックで、ブランクからレーザ加工が可能
  • 工具の全自動加工が可能 
  • あらゆる工具形状(油圧式、HSK63、クランプステーションなど)のための自動化ソリューションをご用意しております
レーザ加工の仕組み

ショートパルスおよびウルトラショートパルス・レーザを使用することによって、材料を効率的に、しかも繊細に加工することが可能になります。 LASER LINE ULTRA で使用されているウルトラショートレーザ・パルスは、大きな熱損傷なしに超硬の加工が可能となり、後のコーティングを可能にします。

レーザ加工機で何が作れますか?

原則的に、刃先交換可能なインサートチップやプロファイルプレートからプレートコーティングされた工具、フルヘッド工具まで、すべての工具形状を製造することができます。 弊社の レーザ加工機は、 最大径 200 mm 、最大長250 mm、最大重量5キロまで対応可能です。 ステップ、リーマ、ドリルまたはエンドミルといった回転工具も製造することができます。 

EWAG は超硬合金およびPCD 製のスパイラル工具を加工できる唯一のメーカーです。 例えば、直径0.5〜3 mm の初期設定で、超硬合金とPCD のダブルリップドリルと4リップカッターを製造することができます。 これにはレーザ加工に関する知識も必要なく、ユーザーは機械加工されるべき形状を定義するだけでいいのです。

スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language